読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HONKY TONK 脳内

主に漫画についての評論 好きな漫画はジョジョ・萩尾望都・楳図かずおと答えるようにしてます。 映画についてはTwitterで https://twitter.com/hoorudenka

評論『虫と歌』『25時のバカンス』きょうだいが他人だということ。★★★★★

『虫と歌』市川春子 講談社 掲載誌月刊アフタヌーン 出版2009年 

『25時のバカンス』同前 出版2011年

市川春子という作家

千葉県出身 札幌在住 大学卒業後、デザイン会社に就職。月刊アフタヌーンでの数度の短編掲載だけで、不動の人気を築き上げた不思議な人。主に高野文子に多大な影響を受けているであろうそのサブカルなイラストが話題に。ここで取り上げる2冊は自分で装丁デザインも手がけている。星野源にイラスト提供したりとその界隈で存在界を強めつつある。2016年現在初の長編『宝石の国』を連載中。

 

繰り返し描かれる「きょうだい」

この人の作品は不思議で、大好きだ。物語は深刻なようであっさりしていて、逆に画はあっさりしているようで深刻なことを描いている。そこをうまく言えたらいいのだが、言えないので、とても不完全ながら思いついたことを。

この2つの短編集、また『宝石の国』においてもだが、兄や弟あるいは姉や妹という血のつながりのありなしに関わらない「きょうだい」という関係がほぼすべての話に登場する。嘘ではない。忘れた人は以下を見て欲しい。

 

『虫と歌』

星の恋人

主人公とつつじ。もとはといえば同一人物だが以下の場面で兄妹という関係が出てくる。

f:id:hoorudenka:20160702185250p:plain

 

ヴァイオライト

唯一この話だけこの「きょうだい」が出てこない。

これだけ例外ということはこの物語が逆にいうとすごく重要なのだが、語るべき言葉がありません。

 

日下兄弟

タイトルの通り肩を壊した野球部エースが、謎の生物と兄妹のように暮らし始める物語。

f:id:hoorudenka:20160702185858p:plain

 

虫と歌

表題作。一見普通の兄妹に見える3人だが実はそうではなかった。

f:id:hoorudenka:20160702190154p:plain

 

『25時のバカンス』

25時のバカンス前編・後編

姉と弟の話。彼女の描く作品では最も直接的なエロが出る。近親相姦という危うさと美しさと持った作品。

はっきりSEXの暗喩である場面。エロさ満点。

f:id:hoorudenka:20160702190850p:plain

 

パンドラにて

宇宙開拓時代、妹を含む才女だけが教育を受ける、宇宙調査員の将来の花嫁養成所が舞台。実は冷酷な天才である兄が仕掛けた残酷な施設であった。

f:id:hoorudenka:20160702191623p:plain

 

月の葬式

家出した天才少年が、月からきた難病の異星人と兄弟になる。

f:id:hoorudenka:20160702192040p:plain

 

ほぼすべてがきょうだいをめぐる話になっているのである。

 

きょうだいが他人になる。

もう1つ共通点がある。このきょうだいという関係が他人同士になってしまう、あるいはもともと他人であるということであること。25時のバカンス前編・後編の場合だと、姉は貝に寄生されそもそも人間ではなくなってしまう。星の恋人の場合はつつじは腕を切り落とし記憶を失うことで、パンドラにてでは不仲による断絶と殺害で、それぞれ他人同然となってしまう。他の作品ではきょうだいと呼ばれているが、便宜的にそうなっているだけである、つまりもともとが他人だ。

このようにきょうだいが他人に、あるいは他人がきょうだいになるということ、つまりはきょうだい=他人というテーマが繰り返されているということだ。

これは一体なんなのだろう。

25時のバカンス後編より 姉と弟いう関係がわからなくなる場面

f:id:hoorudenka:20160702194650p:plain

 

きょうだい=他人からの「返礼」

さらに不思議な話がある。すべてではないがこのきょうだい=他者が、再びなんらかの形で「返礼」を与えるというのも共通して見られる要素だ。

わかりづらくて申し訳ないがこの2つの要素が見られる作品を、これまでの整理も含め一つ一つ見ていこう。

 

星の恋人

主人公さつきとつつじはきょうだいという関係が途中までは構築される、にも関わらずさつきはつつじに思いをよせる。しかし彼女が実は叔父さんのものだということが発覚。主人公の思いに悩んだ彼女は、腕を切り落とし彼女の分身として返礼した。そして彼女はその副作用で、幼女化。記憶を失ってしまう。そしてラストは再生が約束されている腕の画で終わるのだが、それは彼女が主人公さつきの恋人としてもどってくることを暗示している。

読んでない人にはさっぱりだと思いますが、短編ですので是非読んでください。

日下兄妹

謎の異生物妹ヒナ(死産だった妹の名だが)は、ラストの場面で主人公の肩の「部品」を「返礼」する。

 

虫と歌

これは少し複雑だ。実は主人公である兄の創作物である弟、妹たちは過去何人もいたことが明かされる。「返礼」というはっきりとした形ではないが、彼らにには帰巣本能が組み込まれているらしい。作中登場する不完全な兄妹しろうは、これによって家に変えってきた。これは返る(返る)という、もう少し大きな意味での「返礼」といえる。また、なんども生まれる弟、妹も転生して「返って」きてるとも言える。

 

25時のバカンス前編・後編

異生物と化した姉は、弟の変質した眼を補うコンタクトレンズを「返礼」する

 

パンドラにて

冷酷な兄は妹に擬似的な死と、ある意味での解放を「返礼」していると言える。

 

月の葬式

偽の弟である主人公が、月星人の難病の治療方を「返礼」する。

 

以上のように何らかの形で「返礼」がある。

「返礼」という言葉でピンとこない方は、大丈夫です。書いた本人もピンときてません。ですが、なんとなく「返って」くるという自己循環的なイメージがあるような気がしている。

 

再び市川春子という作家

最初に書いたように市川春子という作家は不思議だ。

物語は深刻なようであっさりしていて、逆に画はあっさりしているようで深刻なことを描いている。このようにこれまで述べてきたことも、一見このように見えて…という感がしてしまう。しかしながら、『宝石の国』でもやはり主人公フォスフォフィライトには「きょうだい」の関係が溢れているし、彼女?の行動原理としてシンシャへの「返礼」がやはり描かれている。この作家は寡作ではあるが、まだ若い。これからの作品を

見逃さないようにしたい。

 

 

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)

 

 

 

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)

25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)

 

 

 

宝石の国(1) (アフタヌーンKC)

宝石の国(1) (アフタヌーンKC)